女性起業家のためのコンサルタント クリスタルリーガル

crystal-legal

合同会社(LLC)という選択

合同会社(LLC)

株式会社以外の会社形態として、最近増えているのがアメリカのLLCをモデルとした「合同会社」です。
小規模な起業や、個人で仕事をしていた専門職の人たちが集まって会社を作る場合などに向いているスタイルです。
節税に使う裕福な個人事業者が多いと言われていて、この4年で3倍近く増加しているようです。

ちなみに、AppleJapan、ユニバーサルミュージック、P&Gマックスファクター、西友など大手の会社も合同会社の形態を取っています。

株式会社との大きな違いは、株式会社の場合は、利益配分をしなければなりませんが、合同会社の場合は、利益配分は自由で、個人事業と同様の個人資産管理で足りるところです。
また、毎年の決算公告が不要で、定款の自由度が高く、役員も必要ないところなどにメリットがあります。

設立時の違いは、株式会社は法務局に15万円の登録免許税を支払いますが、合同会社は、6万円です。定款については、株式会社が定款認証をしなければならないのに対し、合同会社は、定款の認証は必要ありませんから、設立費用がかなり抑えられます。

合同会社についてのご相談はこちらまで→

投稿日:2017年5月13日 更新日:

Copyright© crystal-legal , 2017 AllRights Reserved.