女性起業家のためのコンサルタント クリスタルリーガル

crystal-legal

個人事業主になったら夫の配偶者控除はどうなるの

夫が会社員で、妻が扶養に入っている場合、妻が個人事業主になると、配偶者控除から外れる可能性があります。
妻が働くとき、「106万円の壁」というのがありますが、それはどういう意味でしょうか。
個人事業主になると、配偶者控除はどうなるのでしょうか。
実は、いくつかの壁がありますので、順にご説明します。

<住民税課税の壁 100万円まで>
<所得税の免除の壁 103万円まで>

妻自身が自分が働いたお金から所得税を払うかどうかのボーダーラインとなります。

基礎控除38万円+給与所得控除65万円=103万円で、103万円までなら妻本人が所得税を払う必要がありません。

基礎控除38万円+青色申告控除65万円=103万円

ただし確定申告を青色にしないと控除額が減りますので、青色申告の申請(国税庁:所得税の青色申告承認手続)をしてください。

 

<社会保険の扶養から外れる 106万円まで(106万円の壁)>

106万円の壁を越えると、第3号被保険者から第2号被保険者になり、社会保険料負担が生じるようになります。社会保険の扶養から外れます。

 

<国民健康保険料の支払いの壁 130万円まで>
妻の利益が年間130万円までならば、夫の会社の社会健康保険をそのまま利用できます。

130万円を超えると、妻自身が第1号被保険者隣、国民健康保険に加入する必要があります。
国民健康保険の保険料は前年度の所得で決まります。

<夫の配偶者控除が減額される 150万円まで(2018年1月1日以降の所得)>
2018年1月1日から配偶者控除が改正され、妻の収入が150万円を超すと、夫の配偶者控除が減額されるようになります。

収入が増えるごとに段階的に控除額さ小さくなっていき、201万円を越えると、配偶者控除が0になります。

1年目は仕方ありませんが、せっかく開業するのですから、将来的には130万円以上稼いで、どんどん自分の世界を広げ、挑戦していきたいですよネ!

 

配偶者控除のご相談はこちらまで⇒

投稿日:2017年5月8日 更新日:

Copyright© crystal-legal , 2017 AllRights Reserved.