女性起業家のためのコンサルタント クリスタルリーガル

crystal-legal

法定相続とは

法定相続人の範囲と順位

被相続人(亡くなった方)の財産を包括的に承継する人を相続人と言います。

法律で定められた相続人には、権利承継のルールがあります。

配偶者は、相続人の中では、常に第1順位の相続人となります。

次に、第1順位として、子、子が先に亡くなっていた場合は、孫(代襲相続人)になります。
子がいなかった場合は、第2順位として父母となります。
子も父母もいなかった場合は、第3順位として兄弟となります。

 

法定相続分

配偶者と子が共同相続人だった場合

配偶者 1/2  子 1/2(複数いる場合は、1/2を按分)

配偶者と直系尊属(父母)が共同相続人だった場合

配偶者 2/3  直系尊属 1/3(複数いる場合は、 1/3を按分)

配偶者と兄弟姉妹が共同相続人だった場合

配偶者 3/4  兄弟姉妹 1/4 (複数いる場合は、1/4を按分)

 

遺産分割協議

遺産分割は、相続人全員の同意で遺産を分割する手続きです。

同意といっても、相続人全員が集まって協議する必要はありません。

電話やメールで連絡を取り合い、意見が一致した場合には、遺産分割協議書を作成し、持ち回りで署名、押印することも可能です。

 

相続人の確定、遺産分割のご相談はこちらまで⇨

投稿日:2017年5月8日 更新日:

Copyright© crystal-legal , 2017 AllRights Reserved.