女性起業家のためのコンサルタント クリスタルリーガル

crystal-legal

お知らせ

女性が起業する強み

投稿日:2017年5月18日 更新日:

私は、新しい情報や、地元の情報などを常に吸収したり、自分自身、起業家として向上したいので、色々なセミナーや勉強会に参加しています。

今日は、一般社団法人練馬区産業振興公社が主催している「女性のためのここから起業」に参加して来ました。

講師の中小企業診断士の方は、とてもお話しも上手で、お人柄も素敵な方でした。

参加されている方は、練馬区や杉並区など、近隣の方が多く、主婦をしながら、自分の得意分野で何か仕事をしてみたい、という方たちばかりで、話を聞いているだけで夢がたくさん聞けて、とても楽しい時間でした。

私自身の妄想も膨らんで、行政書士を軸として、さらにやりたい方向性が見えてきてしまったので、自分の新事業のために起業塾に通ってしまうかもしれません(笑)

起業のノウハウがあっても、やはり、人に伴走してもらうことって、励みになりますし、常に新しい情報を得ることができるので、起業をするなら専門家に伴走してもらうことも成功の近道だと思います。

 

さて、今日も色々な方とお話しさせていただく中で感じるのですが、

女性が起業する場合に男性と大きく違う点は、女性は人生のステージが変わる、ということがあります。

結婚すると、家事、子育てが待ってますし、子供の手がかからなくなったら、親の介護という問題も出てきます。

「好きなことをしたい!」と思っても、子供が小さければどうしたらいいか、

家族に子育てや家事を協力してもらえるか、など、自分の自由な時間を作ること自体が大変です。

また、夫の扶養の範囲でしか仕事ができないとか、借金してまで大きな事業はできないとか、

自由に大きな事業を考えることすら阻まれる気持ちがしている人も多いでしょう。

でも、女性が当たり前にしている日々の家事の能力は、起業にとってもプラスなんですよ。

例えば、家事。

9時までに幼稚園に子供を送ったら、掃除、洗濯をして、夕食のメニューと材料にかかるお金を頭の中でやりくりし、

お買い物に行って、14時までに幼稚園にお迎えに行く・・・。

まさに、起業家に必要なスキルです!

「9日に仕事の発注を受け、経費と製品の価格を頭の中でやりくりし、材料を発注して作成し、14日の納期に間に合わせる・・・。」

主婦は、家事をしながら、日々、このようなスケジュール管理をしています。

また、家族全員の複雑なスケジュール管理を休みなく日々こなしているのです。

ちなみに、女性に多い、女性脳の人は、家事をいっぺんに2つ以上する、ということが普通にできますが、男性脳の人はできないそうです。

また、女性は、子育てをするというDNAが体に刻み込まれているためか、人に教えるということが得意な人が多いそうです。

習い事をしたりして、習ったことを人にやってあげたい、教えたい、という方が多いのもうなづけます。

また、家族やママ友などと、コミュニケーションが上手な方もたくさんいます。

自分が当たり前のように日々やっていることは、実は起業に必要なスキルをいくつも持っている、ということになりますよね。

「自分には無理」と思わなくても、主婦としてのスキルだけでも、十分に起業家の才能がありますので、自信を持ちましょう。

 

-お知らせ

Copyright© crystal-legal , 2017 AllRights Reserved.