女性起業家のためのコンサルタント クリスタルリーガル

crystal-legal

遺産・その他

特別受益

特別受益とは、被相続人の生前に、他の相続人よりも特別に財産を受け取った人が、遺産分割にあたり、法定相続分から多く受け取った財産を引いて取得させることができる制度です。

例えば、家を買うときにお金を出してもらった子などです。

寄与分

寄与分は、被相続人お財産の維持または増加について、特別に寄与した相続人に、遺産分割にあたり、法定相続分を超える財産を取得させることができる制度です。

例えば、被相続人が自営業者で、一緒に働いて会社を大きくすることに寄与した子などです。

特別受益、寄与分は、相続人全員の話し合いによって決めるのが原則ですが、もし、話し合いで解決しなかった場合は、家庭裁判所の調停や審判によって決めることもできます。

生命保険

生命保険は、生命保険契約の効果として保険金請求権を取得できるという考えから、相続財産の一部ではなく、相続とは別に受け取りができるとされていますが、受取人の名前がどのようになっているかがポイントです。

配偶者や子供などの相続人の個人名だった場合は、各受取人が受け取ることができます。原則的には特別受益には当たらないとされています。

受取人が「法定相続人」になっている場合は、法定相続分で分けることになります。

もし、相続人が相続放棄をしていても、保険金受取人としての地位は影響されず、受け取ることができます。

退職金

勤務先の退職金の受け取りの場合、法律、条例、企業の内規としての対象金規定が定められているかどうかがポイントとなります。

規定として定まっている場合は、死亡退職金請求権は、受給権者固有の権利であり、相続財産に属さないとされています。

退職金規定に受給権者の定めがない場合は、遺産の範囲に含まれると考えることが多いですが、理事会の決議により配偶者に支給された場合に固有の権利とした判例もありますので、ケースによって異なります。

 

遺産分割の手続きについてのご質問はこちらまで⇨

投稿日:2017年5月8日 更新日:

Copyright© crystal-legal , 2017 AllRights Reserved.