女性起業家のためのコンサルタント クリスタルリーガル

crystal-legal

個人事業主になろう(確定申告編)

個人事業主になると、収入(事業所得)が発生します。収入があると、所得税を納める義務が課されます

確定申告

個人事業主の場合は、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得と納税額を計算し、翌年の3月15日までに税務署に確定申告をしなければなりません。

白色申告と青色申告

個人事業主の事業所得の申告方法には、「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。
以前は、青色申告にすると、白色申告よりも帳簿が難しいため、白色申告にする方も多かったのですが、2014年からは記帳が義務化されて、白色申告のメリットが少なくなりました。
青色申告の控除額が65万円なのに対し、白色申告は10万円と、青色申告にするメリットが大きいので、青色申告にすることをお勧めします。
青色申告にする場合は、税務署に開業届を届け出る際に、同時に所得税の青色申告承認申請書(国税庁:所得税の青色申告承認申請手続)にて申請しましょう。

消費税

個人事業主になった場合は事業者として消費税を支払う必要があります。
消費税は、前年度の売り上げが1000万円を超えた場合に、翌年から支払うことになります。
売上が1,000万を超えない限りは免除となり、消費税を支払う必要はありません。
売上が1,000万を越えない個人事業主は多いので、消費税の心配はありませんが、逆に売上が1,000万を超えるようなら、税金面でメリットがある会社を設立することをお勧めします。

会計

確定申告のためには、毎月、会計処理をします。
経費になる主なものは、サロンであれば、サロンで使うオイルなど、事業で使用する物、文房具などの消耗品費、交通費、カフェなどで打ち合わせた場合の食事代、交際費などがあります。そのほか、お店の場所を賃貸している場合は賃貸料などかかりますが、自宅で開業する場合、プライベートで使っている賃貸料の一部を事業用の経費にすることができます。電気代、水道代なども同様です。

事業用の銀行口座、クレジットカード

個人事業主になったら、銀行口座とクレジットカードは事業用のものを作成しましょう。
個人事業の会計処理で一番のポイントは、ビジネスとプライベートのお金の出入りをしっかりと分けることです。
また、ビジネス用のクレジットカードを持つと、毎月カード明細が来るので、明細が経費の一覧になっていることになりますし、確定申告の証明書類として使用できます。

個人事業の経理のご相談はこちらまで⇒

投稿日:2017年5月8日 更新日:

Copyright© crystal-legal , 2017 AllRights Reserved.